読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見たもの読んだもの記録

映画、漫画、イベント、小説などなどの見たもの読んだもの記録です

銀河鉄道の夜 を読みました

小説

実はきちんと読んだことがなかったのです

話の流れだけは見聞きして知っていたのですが、、、

 

ものすごい泣きました

そんなに泣く!?ってくらい泣きました 自分でびっくりしました 私そんなに疲れてるのかな、、と自分が心配になりました

 

綺麗ですね

ただただ綺麗

ひたすらに美しさを文章で書いてる 

きっと現代の技術全力で映像化しても、この文章を読んだときに感じる「綺麗さ」を超えることはできないと思える、そのくらい本当に綺麗

これでもかこれでもか、と全力で美しさを描く、その必死さから、「大丈夫、怖くないよ、死んでも怖くない、死んだとしても、こんなに綺麗なところへ行くんだよ、だから大丈夫、少しも怖くないよ」と、誰かに必死に、本当に必死に、死を間近にした誰かに、または自分に伝えているのがキリキリと伝わって、涙が止まらなくなりました

 

これは子供に読み聞かせたい、、、

読み聞かせてもらいたい作品だなぁと そして「よくわからないけど綺麗だなぁ」って感じて、大きくなって「ああそういうことだったのか」って感動したい、そういう小説

今までもそうだったしこれからもずっとそうなんだろう

 

宮沢賢治は子供の時は正直よくわからなくて、文体が芸術的すぎて理解ができず、アメニモマケズくらいしか全部読んだことがなかったのです

やっと落ち着いて読めるようになって、あ〜〜〜〜これは これは これは〜〜〜〜と今なってるところです

バカで良かった、今こんなに感動できてるから